化石燃料

環境問題に関すること

ダイベストメント:気候変動対策としての投資の脱炭素化

-ダイベストメントとは?- ダイベストメントとは、社会や環境に悪影響を及ぼす企業や業界から投資を引き揚げることを意味します。これは、化石燃料会社や森林破壊に関与する企業など、持続可能性の原則に反する活動を行う企業への投資を避けることを目的としています。 ダイベストメントは、気候変動対策として注目されています。気候変動は、地球温暖化によって引き起こされる災害や異常気象の増加など、地球環境に大きな影響を及ぼしています。ダイベストメントは、化石燃料への依存を減らし、再生可能エネルギーや持続可能な農業など、環境に配慮した産業への投資を促進することで、気候変動対策に貢献することができます。 ダイベストメントは、個人投資家だけでなく、機関投資家も参加しています。機関投資家とは、年金基金や保険会社、投資信託などの、まとまった資金を運用する機関のことです。機関投資家がダイベストメントを行うことで、持続可能性の原則に反する企業や業界に大きな影響を与えることができます。 ダイベストメントは、気候変動対策として有効な手段の一つです。個人投資家や機関投資家がダイベストメントに参加することで、化石燃料への依存を減らし、再生可能エネルギーや持続可能な農業など、環境に配慮した産業への投資を促進することができ、気候変動対策に貢献することができます。
地球環境に関すること

炭素循環とは?地球上の炭素の排出と吸収のメカニズム

炭素循環とは、地球上の炭素が生物圏、大気圏、水圏、地殻の間で循環するプロセスです。 この循環は、地球上の生命を維持するのに不可欠な役割を果たしています。 炭素循環は、炭素の排出と吸収という2つの主要なプロセスから成り立っています。 炭素の排出は、主に化石燃料の燃焼や森林伐採によって行われます。炭素の吸収は、主に植物による光合成によって行われます。 炭素循環は、地球上の気温を調節する役割も果たしています。 炭素は温室効果ガスの一種であり、大気中の炭素が増加すると地球の気温が上昇します。逆に、大気中の炭素が減少すると地球の気温が低下します。 炭素循環は、地球上の気候変動に大きな影響を与えています。 化石燃料の燃焼や森林伐採によって大気中の炭素が増加し、地球の気温が上昇しています。この気温の上昇は、海面上昇、異常気象、動植物の絶滅などの様々な問題を引き起こしています。 炭素循環を維持することは、地球上の生命を維持するためにも、気候変動を抑制するためにも非常に重要です。 化石燃料の燃焼を減らし、森林を守り、再生可能エネルギーを推進することが、炭素循環を維持するために必要な取り組みです。
エネルギーに関すること

再生可能エネルギー:持続可能な未来のための鍵

再生可能エネルギー持続可能な未来のための鍵 再生可能エネルギーとは何か? 再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱など、自然界に存在するエネルギー資源を電力や熱エネルギーに変換したものです。再生可能エネルギーは、枯渇することなく、また、地球温暖化などの環境問題を引き起こさずに利用できるエネルギー源として注目されています。 太陽光発電は、太陽光のエネルギーを電気に変換する技術です。太陽光発電は、クリーンで持続可能なエネルギー源として、近年、急速に普及しています。 風力発電は、風のエネルギーを電気に変換する技術です。風力発電は、太陽光発電と同様に、クリーンで持続可能なエネルギー源として、近年、急速に普及しています。 水力発電は、水のエネルギーを電気に変換する技術です。水力発電は、昔から利用されているエネルギー源ですが、近年では、新技術の開発により、より効率的な水力発電所が建設されています。 地熱発電は、地下の熱エネルギーを電気に変換する技術です。地熱発電は、クリーンで持続可能なエネルギー源として、近年、注目を集めています。
エネルギーに関すること

ブルー水素とは?その特徴とメリット

-ブルー水素とは?ブラウン水素との違い- ブルー水素とは、天然ガスから水素を製造する際に発生する二酸化炭素を回収・貯蔵(CCS)して製造された水素のことです。 天然ガスは、水蒸気改質というプロセスで水素と二酸化炭素に分解され、その後、二酸化炭素は分離されて貯蔵されます。これにより、二酸化炭素が大気中に排出されるのを防ぐことができます。ブルー水素は、水素を製造する際に二酸化炭素を排出しないため、クリーンな水素とされています。 一方で、ブラウン水素とは、天然ガスから水素を製造する際に発生する二酸化炭素を回収せずに製造された水素のことです。 ブラウン水素は、水素を製造する際に二酸化炭素を排出するため、クリーンな水素ではありません。しかし、ブルー水素よりも製造コストが安いというメリットがあります。 ブルー水素とブラウン水素のどちらが優れているかは、ケースバイケースです。ブルー水素は、クリーンな水素ですが、製造コストが高いというデメリットがあります。ブラウン水素は、製造コストが安いというメリットがありますが、クリーンな水素ではありません。そのため、ブルー水素とブラウン水素のどちらを使用するかは、使用目的やコスト、環境への影響などを考慮して決定する必要があります。
エネルギーに関すること

エネルギーミックスとは? | 再生可能エネルギーの未来

エネルギーミックスとは、ある国や地域が電力や熱を生成するために使用するエネルギー源の組み合わせのことです。例えば、発電所から電気を得るためなら、化石燃料や原子力、再生可能エネルギーなどのさまざまなエネルギー源を組み合わせ利用する場合があります。エネルギーミックスは、エネルギー安全保障、環境保護、経済性など様々な要因を考慮して決定されることが多く、国や地域によって異なります。 エネルギーミックスは、エネルギー安全保障に重要な役割を果たします。あるエネルギー源に依存しすぎると、そのエネルギー源の供給が止まったり、価格が上昇したりしたときに大きな影響を受けます。そのため、エネルギーミックスを多様化することで、エネルギー安全保障を高めることができます。 また、エネルギーミックスは、環境保護の観点からも重要です。化石燃料の燃焼は、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を伴います。温室効果ガスの排出量を削減するためには、再生可能エネルギーなどのクリーンなエネルギー源をエネルギーミックスに取り入れる必要があります。 さらに、エネルギーミックスは、経済性にも影響を与えます。エネルギー源によっては、コストが高いものや安いものがあります。エネルギーミックスを最適化することで、エネルギーコストを削減することができます。 エネルギーミックスは、エネルギー安全保障、環境保護、経済性など様々な要因を考慮して決定されることが多く、国や地域によって異なります。
環境問題に関すること

環境用語『非エネルギー起源二酸化炭素排出』の理解

非エネルギー起源二酸化炭素排出とは、エネルギー生産や消費以外の活動によって排出される二酸化炭素を指します。温室効果ガスの重要な構成要素であり、気候変動の主要な原因のひとつです。非エネルギー起源二酸化炭素排出の主な発生源は、セメントや鉄鋼などの製造、農業、森林伐採などです。また、都市部や工業地帯の建設に伴う土壌や植生の破壊も、非エネルギー起源二酸化炭素排出を増大させる要因となっています。非エネルギー起源二酸化炭素排出を削減するためには、製造業や農業でのエネルギー効率の向上、森林伐採の抑制、都市部の緑化などが重要です。
エネルギーに関すること

エネルギー起源二酸化炭素排出とは?

エネルギー起源二酸化炭素排出とは、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料を燃やすことによって発生する二酸化炭素の排出のことです。これらは、電気、熱、輸送に使用される主要なエネルギー源であり、世界の二酸化炭素排出量の約60%を占めています。化石燃料を燃焼させることで、空気中に二酸化炭素が放出され、これが温室効果ガスとして地球温暖化の一因となっています。 温室効果ガスとは、地球の大気中に存在する気体で、太陽からの熱を保持し、地球の表面を温める働きがあります。二酸化炭素は、温室効果ガスのうち最も重要なもので、地球温暖化に最も大きな影響を与えています。化石燃料を燃焼させることによる二酸化炭素排出は、地球温暖化を加速化させる大きな要因となっています。
大気環境に関すること

二酸化硫黄について

二酸化硫黄とは何か? 二酸化硫黄は、硫黄原子と酸素原子が2つ結合した無機化合物です。常温常圧では、無色で有毒な気体です。二酸化硫黄は、火山の噴火や森林火災などの自然現象によって発生しますが、主に人間活動によって発生しています。二酸化硫黄は、化石燃料の燃焼や金属の精錬などによって発生します。また、紙やパルプの製造、化学製品の製造などでも発生します。二酸化硫黄は、大気中に放出されると、酸性雨の原因となっています。また、二酸化硫黄は、人間の健康にも悪影響を及ぼします。二酸化硫黄を吸入すると、気管支炎や喘息などの呼吸器系の疾患を引き起こすことがあります。また、二酸化硫黄は、目や鼻を刺激し、頭痛や吐き気などの症状を引き起こすこともあります。
エネルギーに関すること

エネルギー供給構造高度化法とは?目的・内容を解説

エネルギー供給構造高度化法の目的 エネルギー供給構造高度化法の目的は、エネルギーの安定供給を確保し、地球温暖化対策を推進することです。具体的には、以下のことを掲げています。 1. エネルギーの安定供給の確保 2. 地球温暖化対策の推進 3. エネルギーの多様化の推進 4. エネルギー効率の向上 5. エネルギー関連技術の開発・導入の促進 6. エネルギー消費量の適正化 これらの目的を達成するため、エネルギー供給構造高度化法では、再生可能エネルギーの導入促進、エネルギー効率の向上、エネルギー関連技術の開発・導入の促進など、様々な施策を講じています。
環境問題に関すること

グラスゴー気候合意を理解しよう

グラスゴー気候合意とは グラスゴー気候合意とは、2021年11月、英国スコットランドの都市グラスゴーで開催された第26回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で採択された、気候変動対策に関する国際協定である。同協定は、世界が協力して、21世紀半ばまでに地球温暖化を1.5度に抑えることを目指すもので、パリ協定の目標をより具体化したものである。 合意では、世界各国が気候変動の防止と適応策に取り組むために、温室効果ガスの排出削減目標をより野心的に設定することが求められている。また、先進国は、途上国が気候変動対策を実施するために必要な資金を支援することが求められている。さらに、すべての国々は、気候変動の影響に対する脆弱性を減らすための措置をとることが求められている。 グラスゴー気候合意は、気候変動問題を解決するための重要な一歩と評価されている。しかし、同協定が実際にどれほど有効であるかは、各国がどの程度同協定を履行していくかにかかっている。
エネルギーに関すること

一次エネルギーとは何か?

一次エネルギーとは、自然界に存在する未利用のエネルギー源のことをいいます。一次エネルギーは、化石燃料、水力、太陽光、風力、バイオマスなどの種類があります。一次エネルギーは、発電所や工場などで利用されることもありますし、家庭で直接利用されることもあります。一次エネルギーは、私たちの生活に欠かせないエネルギー源です。
エネルギーに関すること

新エネルギーのすべて

新エネルギーのすべて 新エネルギーとは何か 新エネルギーとは、従来のエネルギー源である化石燃料(石油、石炭、天然ガス)に代わる新しいエネルギー源のことです。化石燃料は、地球温暖化や大気汚染などの環境問題を引き起こしているため、世界中で新エネルギーの開発が進んでいます。 新エネルギーには、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、地熱発電、水力発電など様々な種類があります。これらのエネルギーは、化石燃料と異なり、地球環境に優しいことが特徴です。 近年、新エネルギーの開発は急速に進んでいます。その背景には、地球温暖化対策やエネルギー安全保障への関心の高まりがあります。地球温暖化対策では、化石燃料の使用を削減することが重要であり、新エネルギーの開発は欠かせません。また、エネルギー安全保障の観点からも、化石燃料に依存しないエネルギー源を確保することが重要です。 新エネルギーの開発は、世界中で競争的に行われています。日本でも、政府が新エネルギーの開発を支援しており、太陽光発電や風力発電などの導入が進んでいます。今後、新エネルギーは、化石燃料に代わる主流のエネルギー源として普及していくことが期待されています。
エネルギーに関すること

バイオマスの基礎知識を学ぼう!

バイオマスとは、生物が作り出した様々な物質のことで、植物や動物、微生物などが含まれます。バイオマスは、再生可能エネルギー源として注目されており、世界中で研究が進められています。バイオマスは、化石燃料と異なり、有限な資源ではなく、常に再生されるため、持続可能なエネルギー源として期待されています。バイオマスは、燃焼させることで熱エネルギーを得ることができるほか、ガス化や液化などの技術によって、電気エネルギーや燃料に変換することもできます。バイオマスは、エネルギー源としてだけでなく、肥料や飼料、医薬品などの原料としても利用されています。バイオマスを利用することで、化石燃料への依存度を下げることができ、環境保全にも貢献することができます。
環境問題に関すること

グリーントランスフォーメーションとは?持続可能な社会を実現するための鍵

グリーントランスフォーメーションとは、持続可能な社会を実現するために、環境に与える悪影響を最小限に抑えながら、経済成長と社会の繁栄を追求する経済・社会システムの変革です。これは、気候変動や資源の枯渇などの環境課題に対応するために、エネルギー、食料、水、住居、交通などの分野で、革新的な技術や政策を導入する必要があります。特に、化石燃料への依存度を下げ、再生可能エネルギーへのシフトを促進することが重要です。 グリーントランスフォーメーションは、経済成長と環境保護の両立を目指すものであり、経済社会の持続可能性を高めるために不可欠です。グリーントランスフォーメーションを推進することで、気候変動や資源の枯渇などの環境課題に対応し、持続可能な社会を実現することが期待されています。
エネルギーに関すること

持続可能な航空燃料とは?環境への影響と今後の展望

持続可能な航空燃料(SAF)とは、環境に配慮して作られた航空燃料のことです。従来の航空燃料よりも二酸化炭素排出量が少なく、大気汚染物質の排出量も少ないのが特徴です。また、化石燃料に依存しないため、エネルギー安全保障の観点からも注目されています。 SAFの原料としては、植物油、動物性脂肪、廃棄物など、さまざまなものが使われています。植物油を原料とするSAFは、バイオマスSAFと呼ばれ、最も普及している種類です。動物性脂肪を原料とするSAFは、動物性SAFと呼ばれ、バイオマスSAFに比べて二酸化炭素排出量が少ないのが特徴です。廃棄物を原料とするSAFは、廃棄物SAFと呼ばれ、環境に優しいだけでなく、廃棄物の削減にも貢献しています。 SAFは、従来の航空燃料よりも高価ですが、近年では価格が低下しつつあります。また、SAFの使用を促進するための政策も各国で導入され始めており、今後の普及が期待されています。SAFは、航空業界の脱炭素化に貢献するだけでなく、エネルギー安全保障の強化にもつながるため、今後の発展が注目されています。
エネルギーに関すること

水素社会とは?

水素社会とは? 水素社会とは、水素をエネルギー源として活用する社会のことです。水素は燃焼しても二酸化炭素を排出しないため、温暖化ガスを削減することができ、クリーンなエネルギー源として注目されています。また、水素は常温常圧では気体ですが、液化すると体積が1/800になるため、貯蔵や輸送が容易で、エネルギー密度も高いという特徴があります。 水素社会を実現するためには、水素の製造、貯蔵、輸送、利用のインフラ整備が必要になります。また、水素を製造する際に二酸化炭素を排出しないことが重要です。水素の製造方法には、化石燃料を原料とする方法と、再生可能エネルギーを原料とする方法があります。化石燃料を原料とする方法では、二酸化炭素を排出するため、水素社会を実現するためには、再生可能エネルギーを原料とする方法が不可欠です。
大気環境に関すること

排煙脱硫とは?仕組みと概要を分かりやすく解説

排煙脱硫とは、火力発電所や工場などから排出される排煙中の二酸化硫黄(SO2)を除去する技術です。火力発電所では燃料を燃焼させて発電しますが、この際に発生する排煙中にはSO2が含まれています。SO2は大気中に放出されると酸性雨の原因となったり、人体に悪影響を及ぼしたりします。そのため、排煙中のSO2を除去することが重要なのです。 排煙脱硫には、湿式脱硫法、乾式脱硫法、半乾式脱硫法など、いくつかの方法があります。湿式脱硫法は、排煙中に石灰水などのアルカリ性の溶液を噴霧してSO2を吸収する方法です。SO2がアルカリ性の溶液と反応すると、硫酸塩となって沈殿します。乾式脱硫法は、排煙中に石灰や活性炭などのアルカリ性の粉末を噴霧してSO2を吸収する方法です。乾式脱硫法は、湿式脱硫法よりもコストが安いですが、SO2除去率は湿式脱硫法よりも低くなります。半乾式脱硫法は、湿式脱硫法と乾式脱硫法を組み合わせた方法です。
エネルギーに関すること

バイオマス燃焼とは何か?その仕組みと環境への影響

バイオマス燃焼の概要バイオマスとは、植物や動物などの生物由来の物質のことを指し、バイオマス燃焼とは、このバイオマスを燃やしてエネルギーを得る方法です。バイオマス燃焼は、古くから人間が行ってきたエネルギー源として利用されてきました。バイオマスは、木材、農作物残渣、家畜の糞尿、下水汚泥など、さまざまなものがあります。これらのバイオマスは、燃焼させることで、熱エネルギーや電気エネルギーを得ることができます。また、バイオマス燃焼は、化石燃料を燃焼させるよりも二酸化炭素排出量が少なく、再生可能なエネルギー源として注目されています。
エネルギーに関すること

水素の色とは?製造方法による区分とIEAのスタンス

水素の色とは、その製造方法によって分類される概念のことです。水素にも天然ガスや石油と同様に「製造方法」によって二酸化炭素(CO2)の排出量や製造コストが異なります。現在、IEA(国際エネルギー機関)では、水素製造方法によって「グリーン」「ブルー」「グレー」「ターコイズ」の4つに分類しており、それぞれ色で区別しています。これらの水素の色によって、環境への負荷は大きく異なります。
エネルギーに関すること

水素の色って何?

グレー水素とは、化石燃料から作られた水素のことです。 メタンや石炭などの化石燃料を高温で分解して水素を抽出します。この方法は、水素を製造する最も一般的な方法ですが、化石燃料を使用するため、二酸化炭素を排出します。二酸化炭素は温室効果ガスであり、地球温暖化の原因となります。 グレー水素の製造方法には、大きく分けて2種類あります。1つは、天然ガスから水素を製造する方法です。天然ガスは、主にメタンで構成されているガスです。メタンを高温で分解すると、水素と二酸化炭素が生成されます。 もう1つは、石炭から水素を製造する方法です。石炭は、主に炭素と水素で構成されている固体燃料です。石炭を高温で分解すると、水素と二酸化炭素が生成されます。 グレー水素の製造方法は、比較的簡単で、コストも安いというメリットがあります。しかし、化石燃料を使用するため、二酸化炭素を排出するというデメリットがあります。二酸化炭素は温室効果ガスであり、地球温暖化の原因となります。
エネルギーに関すること

化石燃料とは~石油と天然ガスと石炭~

化石燃料とは 化石燃料とは、太古の昔に死滅した生物が長い年月をかけて地中に埋まり、圧力や熱によって変質し、燃料として利用できるようになったものです。その代表的なものが、石油、天然ガス、石炭です。これらの燃料は、私たちの生活に必要なエネルギーの多くを供給しています。
エネルギーに関すること

再生可能エネルギー固定価格買取制度とは?

再生可能エネルギー固定価格買取制度とは、再生可能エネルギーによって発電された電気を、一定の価格で一定期間購入することを国が保証する制度です。この制度は、再生可能エネルギーの導入を促進し、地球温暖化対策を進めることを目的としています。 再生可能エネルギー固定価格買取制度では、再生可能エネルギーによって発電された電気を、固定価格で一定期間購入することを国が保証しています。この固定価格は、再生可能エネルギーの種類や発電規模などによって異なります。固定期間は、一般的に15年~20年です。 再生可能エネルギー固定価格買取制度は、再生可能エネルギーの導入を促進し、地球温暖化対策を進めることを目的としています。再生可能エネルギーは、石油や石炭などの化石燃料に頼らないクリーンなエネルギーであり、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量が少ないという特徴があります。再生可能エネルギー固定価格買取制度によって、再生可能エネルギーの発電量を増やすことで、地球温暖化対策に貢献することが期待されています。
エネルギーに関すること

風力エネルギーとは?その仕組みや問題点を解説

風力エネルギーとは、風によって発生するエネルギーを利用して電気を起こすものです。風の力を利用して風車を回転させ、その回転力を発電機につなぐことで電気を発電します。風力エネルギーは、再生可能エネルギーのひとつで、化石燃料のように枯渇する心配がありません。また、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため、環境に優しいエネルギーとして注目されています。
環境問題に関すること

気候正義の実現に向けて

気候正義とは、気候変動の影響が社会的不平等を悪化させることへの認識と、気候変動対策が社会正義を促進する方法で行われるべきであるという信念に基づく運動です。気候正義運動は、気候変動の影響を最も受けやすい人々やコミュニティが、気候変動の対策と適応に十分に参加できるようにすることを目指しています。気候正義運動は、気候変動の科学に基づいて、低炭素で回復力のある経済への移行を促進し、気候変動の影響を受けやすい人々やコミュニティへの投資を促進することを求めています。気候正義運動は、気候変動と社会正義の交わりを認識し、気候変動対策と社会正義の推進を同時に目指す運動です。