分析

大気環境に関すること

サンプリングとは?環境用語をわかりやすく解説

サンプリングとは、環境を構成している物質や生物などの状態や性質を、調査や研究をするために、その一部のまとまりを抜き出すことを指す環境用語です。抜き出したまとまりは、環境の状態や性質を代表するものであることを目的としていますが、抜き出したまとまりだけでは、環境全体の状態や性質を正確に把握することは難しいとされています。サンプリングの種類には、無作為サンプリング、系統的サンプリング、層別サンプリング、クラスターサンプリングなどがあります。サンプリングには、調査や研究におけるコストや時間削減、調査や研究の対象となる環境の範囲が広い場合、環境全体の調査や研究が困難な場合などのメリットがありますが、抜き出したまとまりが環境全体の状態や性質を正確に表していない場合、推定値の精度が低下する、偏った結果になるなどのデメリットもあります。
地球環境に関すること

環境に関する用語『クリーン開発と機構に関する太平洋パートナーシップ第一回閣僚会議』

環境に関する用語『クリーン開発と機構に関する太平洋パートナーシップ第一回閣僚会議』は、2022年12月15日に日本と中国共同主催でオンラインで開催されました。会議には、太平洋島嶼国14カ国の閣僚を含む、各国政府、国際機関、市民社会、民間部門の代表が参加しました。 会議では、太平洋地域における気候変動、生物多様性、海洋汚染などの環境問題への取組みについて議論されました。また、クリーンエネルギー、適応策、レジリエンス構築への支援、廃棄物管理、海洋保護など、太平洋地域における環境協力を促進するための具体的な行動計画が採択されました。 さらに、会議では、太平洋地域における環境協力のための新たな枠組み「クリーン開発と機構に関する太平洋パートナーシップ(PCED)」が発足し、日本、オーストラリア、ニュージーランド、中国、米国が共同議長を務めることになりました。PCEDは、太平洋地域における環境協力の強化、環境問題への取組みの促進、太平洋島嶼国の環境保全能力の向上を目指して活動していきます。 会議を通じて、太平洋島嶼国とパートナー国の間で、環境問題への取組みを強化し、太平洋地域を持続可能な未来に向けて発展させていくための協力関係が強化されました。