パルプ

リサイクルに関すること

知っておきたい環境用語:パルプモールド

パルプモールドとは、再生紙繊維を水で溶かし、金型に流し込んで成形する、独自の製法で作られた素材のことです。 パルプモールドは、紙の強度を活かして、プラスチック製品の代替品として使用されることが多く、使い捨て容器、食器、梱包材など、さまざまな製品に使用されています。 パルプモールドは、生分解性があり、土に還るため、環境に優しい素材です。また、プラスチック製品に比べて強度があり、耐水性に優れているため、使い捨て容器や食器としても適しています。さらに、パルプモールドは、紙の風合いを生かしたデザインにすることができ、見た目の良さも魅力です。
化学物質に関すること

白色度とは?紙の白さを表す指標について

白色度とは?紙の白さを表す指標について 白色度の定義と重要性 白色度とは、紙の白さを表す指標であり、数値が高いほど紙は白いと評価されます。白色度の定義は、「紙の反射する光と、完全な白色の物質が反射する光の割合」であり、パーセント(%)で表されます。白色度は、紙の表面の粗さや光沢、使用されている原料によって異なり、一般的には、木材パルプを用いた紙よりも、古紙パルプを用いたほうが白色度は高くなります。 白色度は、紙の品質を評価する重要な指標であり、印刷の適性や紙の耐久性と関連性があるため、製紙業界では重要な指標として扱われています。 また、白色度の高い紙は、印刷物の色を鮮やかに表現することができるため、印刷物の品質を向上させることができます。