国連保護地域リストとは?

国連保護地域リストとは?

環境が気になる

国連保護地域リストって何ですか?

地球環境の専門家

国連保護地域リストとは、国連が作製する世界の自然保護地域のリストのことです。

環境が気になる

いつから作製されているんですか?

地球環境の専門家

1962年から作製されています。最新版は、2003年にダーバン(南アフリカ)で開催された第5回世界国立公園会議で公表されました。

環境が気になる

どういった情報が載っているんですか?

地球環境の専門家

国立公園、世界遺産(自然遺産)、ラムサール条約湿地、生物圏保存地域などの情報が載っています。

国連保護地域リストとは。

国連保護地域リストとは、国連が作成する世界の自然保護地域のリストのことです。最新版は、2003年に南アフリカのダーバンで開催された第5回世界国立公園会議で公開されました。1962年に米国のイエローストーン国立公園で開催された第1回世界国立公園会議で世界の国立公園リストが公開されたのが最初で、2003年の最新版まで13版が公開されています。

当初は国際自然保護連合(IUCN)が原案を作成し、国連の経済社会理事会に報告されて承認されていましたが、現在は国連環境計画(UNEP)の下部機関である世界モニタリングセンター(WCMC)が国際自然保護連合(IUCN)保護地域委員会(WCPA)の協力を得て作成しています。リストには、国立公園のほか、世界遺産(自然遺産)、ラムサール条約湿地、生物圏保存地域なども含まれています。

国連保護地域リストの概要

国連保護地域リストの概要

国連保護地域リストとは?

国連保護地域リストとは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が定めた、世界遺産リストに登録された自然保護区や国立公園などの保護地域の一覧のことです。ユネスコは、1972年の世界遺産条約に基づき、世界遺産リストを作成し、その保護を推進しています。

国連保護地域リストの概要

国連保護地域リストには、167カ国・地域から、1,073件の保護地域が登録されています(2022年1月現在)。これらの保護地域は、自然遺産、文化遺産、複合遺産の3つのカテゴリーに分類されます。

自然遺産とは、優れた自然の景観や生態系を有する地域のことです。文化遺産とは、歴史的、芸術的、科学的に重要な建造物や遺跡、景観のことです。複合遺産とは、自然遺産と文化遺産の両方の価値を有する地域のことです。

国連保護地域リストへの登録は、世界遺産委員会によって行われます。世界遺産委員会は、各国政府の推薦を受けた保護地域を審査し、登録するか否かを決定します。登録された保護地域は、ユネスコから保護活動のための資金援助を受けることができます。

国連保護地域リストの目的

国連保護地域リストの目的

国連保護地域リストの目的

国連保護地域リストは、世界で最も重要な自然および文化遺産を保護するため、ユネスコが作成したものです。このリストに登録された物件は、世界遺産として知られており、その価値を保護するために特別に管理されています。

国連保護地域リストの目的は、重要な自然および文化遺産を保護することです。このリストには、世界で最も美しい自然景観、歴史的な建造物、考古学遺跡、生物多様性豊かな地域などが登録されています。これらはすべて、人類の共通の財産であり、保護されるべき価値あるものです。

国連保護地域リストに登録されると、その物件は保護区に指定され、特別に管理されます。これにより、不必要な開発や破壊から守られ、将来の世代のために保存されることが保証されます。さらに、世界遺産として登録されることで、その物件の知名度が高まり、観光客や研究者が訪れるようになります。

国連保護地域リストの対象地域

国連保護地域リストの対象地域

国連保護地域リストの対象地域は、自然の美しさや科学的価値が高いと認められた地域です。これらの地域は、世界的遺産条約に基づいて国連教育科学文化機関(UNESCO)によって選定されています。世界遺産リストには、現在1,121件が登録されており、そのうち自然遺産は213件、複合遺産は39件です。

自然遺産は、自然の美しさや科学的価値が高いと認められた地域です。これらの地域には、森林、山、川、湖、海洋、島、洞窟などが含まれます。自然遺産は、地球の多様性を保全し、人類の共通の遺産を守るために重要です。

複合遺産は、自然遺産と文化遺産の両方の価値がある地域です。これらの地域には、歴史的建造物、考古学的遺跡、自然景観などが含まれます。複合遺産は、人類の文化と自然の両方の価値を保全し、人類の共通の遺産を守るために重要です。

国連保護地域リストの公表と改定

国連保護地域リストの公表と改定

国連保護地域リストとは、国連教育科学文化機関(UNESCO)が、人類共通の文化遺産や自然遺産を保護するために作成するリストのことです。 このリストには、世界遺産や無形文化遺産、生物圏保護区など、さまざまな種類の世界遺産が登録されています。

国連保護地域リストは、1972年に開催されたユネスコ総会で採択された「世界遺産条約」に基づいて作成されています。この条約は、世界遺産の保護と保存を目的としたもので、世界遺産の基準や登録手続きなどを定めています。

国連保護地域リストは、毎年1回更新され、新たな世界遺産が登録されます。登録される世界遺産は、世界遺産委員会によって選定されます。世界遺産委員会は、世界遺産の専門家で構成されており、世界遺産の登録基準に基づいて、世界遺産を登録するか否かを決定します。

国連保護地域リストは、世界遺産の保護と保存に重要な役割を果たしています。このリストに登録された世界遺産は、国際的に保護されるため、破壊や改変から守られます。また、このリストは、世界遺産の普及啓発にも役立っており、世界遺産の重要性や価値を世界中に広めています。

国連保護地域リストの活用

国連保護地域リストの活用

国連保護地域リストは、世界で最も重要かつ価値のある自然と文化遺産を網羅したリストとして、1972 年にユネスコ総会によって採択された条約に基づいて作成されたものです。このリストは、将来の世代のためにこれらの遺産を保護することを目的としており、現在、世界167か国から1,121件の遺産が登録されています。

国連保護地域リストは、さまざまな方法で活用されています。例えば、保護地域は、観光や教育の場として利用されることが多く、それによって地元経済の活性化や雇用創出につながります。また、保護地域は、気候変動や自然災害から地域を守る役割も果たしています。さらに、保護地域は、科学研究や生物多様性保全の拠点として利用されることもあります。

国連保護地域リストは、世界遺産を保護し、将来の世代に継承するための重要なツールです。このリストのおかげで、世界中の人々が自然と文化遺産の重要性を認識し、これらの遺産を保護する活動に参加するようになりました。国連保護地域リストは、世界遺産を守るための国際的な協力の象徴であり、その活用は、持続可能な社会の実現に貢献しています。

タイトルとURLをコピーしました