環境省 地方環境対策調査官事務所 とは

環境省 地方環境対策調査官事務所 とは

環境が気になる

先生、「地方環境対策調査官事務所」ってなんですか?

地球環境の専門家

「地方環境対策調査官事務所」は、もともと2001年10月に環境省が全国9箇所に設置した地域での窓口のことだよ。

環境が気になる

へえ、そんな窓口があったんですね。で、どんなことをしてたんですか?

地球環境の専門家

「地方環境対策調査官事務所」では、(1)現場主義、(2)パートナーシップ、(3)開かれた行政の3本柱に基づいて事務を行ってきたんだよ。具体的には、自然環境や大気環境などの調査・研究、市民や企業との連携による環境保全活動の推進、環境に関する情報の提供や相談などを行っていたんだ。

地方環境対策調査官事務所とは。

環境に関する用語である「地方環境対策調査官事務所」とは、2001年10月から全国9箇所に設置された環境省の地域での窓口のことです。この事務所は、「現場主義」「パートナーシップ」「開かれた行政」の3本柱に基づく事務を行ってきました。

2005年10月には、全国7ブロックに新たに「地方環境事務所」が設置され、自然保護事務所と統合されました。これにより、地方環境対策調査官事務所の業務は、地方環境事務所に引き継がれています。

地方環境対策調査官事務所は、環境省の地域での窓口です。

地方環境対策調査官事務所は、環境省の地域での窓口です。

地方環境対策調査官事務所は、環境省の地域での窓口です。– その役割は、環境に関する調査・分析・評価を行い、環境保全政策の立案・実施に資することです。また、環境に関する情報提供や相談・苦情の受付も行っています。

地方環境対策調査官事務所は、全国47都道府県に設置されています。事務所には、調査官を長とし、調査官補や技官などの職員が配置されています。調査官は、環境省本省から派遣される国家公務員であり、調査官補や技官は、地方自治体から派遣される地方公務員です。

地方環境対策調査官事務所は、環境省の政策を実施するため、様々な調査を行います。例えば、大気汚染や水質汚濁、土壌汚染に関する調査、生物多様性や景観に関する調査、環境負荷低減に関する調査などです。また、環境に関する情報提供や相談・苦情の受付も行っています。

地方環境対策調査官事務所は、環境保全のために重要な役割を果たしています。地域の実情を踏まえた調査を行い、その結果に基づいて環境保全政策が立案・実施されることで、より効果的な環境保全が可能になります。また、環境に関する情報提供や相談・苦情の受付を行うことで、国民の環境意識を高め、環境保全への理解を深めることにつながります。

2001年10月に全国9箇所に設置されました。

2001年10月に全国9箇所に設置されました。

2001年10月に全国9箇所に設置されました。環境省地方環境対策調査官事務所は、環境省の出先機関として、地方公共団体や住民と連携して、地域の環境保全や環境創造に取り組むための調査や支援を行う機関です。各事務所は、地域の環境課題や特色に応じた調査や支援を実施しており、例えば、大気汚染や水質汚染の調査、自然環境の保全や再生に関する調査、環境教育や環境啓発活動の支援などを行っています。また、環境省地方環境対策調査官事務所は、地方公共団体や住民からの相談に応じたり、環境に関する情報を提供したりするなど、地域における環境保全のための活動の支援も行っています。

現場主義、パートナーシップ、開かれた行政の3本柱に基づく事務を行ってきました。

現場主義、パートナーシップ、開かれた行政の3本柱に基づく事務を行ってきました。

環境省 地方環境対策調査官事務所とは

環境省的地方環境対策調査官事務所は、地方公共団体や民間事業者、地域住民などと連携し、環境保全に関する調査や研究、指導、助成などの業務を行う機関です。

地方環境対策調査官事務所は、現場主義、パートナーシップ、開かれた行政の3本柱に基づく事務を行ってきました。

現場主義とは、環境問題の現場に足を運び、実態を把握した上で施策を立案・実施することです。パートナーシップとは、地方公共団体や民間事業者、地域住民などとの連携を図り、環境保全に取り組むことです。開かれた行政とは、国民に対して環境行政に関する情報を開示し、国民の意見を反映した施策を立案・実施することです。

2005年10月に全国7ブロックで新規開設した「地方環境事務所」として、自然保護事務所とともに統合され、業務が引き継がれています。

2005年10月に全国7ブロックで新規開設した「地方環境事務所」として、自然保護事務所とともに統合され、業務が引き継がれています。

2005年10月に全国7ブロックで新規開設した「地方環境事務所」として、自然保護事務所とともに統合され、業務が引き継がれています。地方環境事務所と比べると、地方環境対策調査官事務所は、調査を行うことが主な業務となっています。調査対象となるのは、廃棄物対策や地球温暖化対策、自然環境保全対策など、多岐にわたっています。調査活動以外に、地域の環境に関する情報を収集・提供したり、環境教育を行ったりするなどの業務も行っています。

地方環境事務所は、環境省の地方支分部局です。

地方環境事務所は、環境省の地方支分部局です。

地方環境事務所は、環境省の地方支分部局です。 環境省の地方支分部局は、環境省の地方における事務を分掌するために設置された組織であり、全国に11か所置かれています。地方環境事務所は、所長を長とし、所長の下に事務局が置かれています。事務局には、総務課、企画課、環境政策課、自然環境課、水環境課、大気環境課、廃棄物課、放射線課、水資源課、気候変動課などがあり、それぞれの課が環境に関する事務分掌しています。地方環境事務所は、環境に関する調査、研究、監視、指導、助成などの事務を行うとともに、環境に関する相談や苦情の受付も行っています。

タイトルとURLをコピーしました