環境配慮書と環境アセスメント法

環境配慮書と環境アセスメント法

環境が気になる

環境配慮書について教えてください。

地球環境の専門家

環境配慮書とは、環境影響評価法(環境アセスメント法)で定められている手続きのなかに出てくる図書(文書)の1つです。

環境が気になる

環境配慮書の目的は何ですか?

地球環境の専門家

環境配慮書の目的は、第1種事業を実施しようとする者が、事業の位置・規模等の検討段階で、環境保全のために適正な配慮をしなければならない事項について検討を行うこと、また、その結果をまとめた計画段階環境配慮書を作成することが義務付けられています。

環境配慮書とは。

-環境配慮書-

環境配慮書とは、環境影響評価法(環境アセスメント法)に基づく手続きにおいて作成される文書の一つです。一定規模の事業を実施する場合は、事業の位置や規模などを検討する段階で、環境保全のために適切な配慮をしなければならない事項について検討し、その結果をまとめた計画段階環境配慮書を作成することが義務付けられています。

計画段階環境配慮書には、事業を実施しようとする者の氏名と住所、事業の目的と内容、事業実施想定区域とその周囲の概況、計画段階配慮事項ごとに調査、予測、評価の結果をまとめたもの、その他環境省令で定める事項を記載することが規定されています。

配慮書は、作成後主務大臣に提出され、公表されます。これに対する主務大臣、環境大臣、都道府県知事、国民等からの意見は、事業者の計画策定に反映されることとなっています。

環境配慮書とは

環境配慮書とは

環境配慮書とは、環境影響評価法(以下、環境アセスメント法という)に基づいて事業者が環境への影響を評価し、説明した書類のことです。環境アセスメント法とは、事業活動が環境に与える影響を予測し、評価し、その結果を公表することで、環境の保全を図ることを目的とした法律です。環境配慮書は、事業者が環境アセスメント法に基づいて、事業活動が環境に与える影響を評価し、説明した書類のことです。

環境配慮書は、 事業者が事業計画を作成する際に、環境への影響を調査・予測し、その結果を記載したものです。環境配慮書は、事業計画書とともに、環境アセスメント法に基づいて、都道府県知事または環境大臣に提出されます。環境アセスメント法に基づいて、事業者が環境への影響を評価し、説明した書類のことです。環境配慮書は、事業計画を作成する際に、環境への影響を調査・予測し、その結果を記載したものです。環境配慮書は、事業計画書とともに、環境アセスメント法に基づいて、都道府県知事または環境大臣に提出されます。

環境配慮書には、事業の概要、事業活動が環境に与える影響、環境保全のために講じる措置などが記載されています。環境配慮書は、公表され、住民や関係者は意見を述べることができます。環境アセスメント法に基づいて、事業者が環境への影響を評価し、説明した書類のことです。環境配慮書は、事業計画を作成する際に、環境への影響を調査・予測し、その結果を記載したものです。環境配慮書は、事業計画書とともに、環境アセスメント法に基づいて、都道府県知事または環境大臣に提出されます。

環境アセスメント法は、事業活動が環境に与える影響を予測し、評価し、その結果を公表することで、環境の保全を図ることを目的とした法律です。環境配慮書は、環境アセスメント法に基づいて、事業者が環境への影響を評価し、説明した書類のことです。環境配慮書は、事業計画を作成する際に、環境への影響を調査・予測し、その結果を記載したものです。環境配慮書は、事業計画書とともに、環境アセスメント法に基づいて、都道府県知事または環境大臣に提出されます。

環境配慮書の提出時期

環境配慮書の提出時期

環境配慮書とは、開発行為に伴う環境影響評価の結果をまとめた文書です。環境アセスメント法に基づき、開発行為を実施する前、および変更する前に提出することが義務付けられています。環境配慮書の提出時期は、開発行為の規模や種類、実施する場所などによって異なります。

大規模な開発行為の場合、環境配慮書は、開発行為を実施する計画段階で提出することが義務付けられています。これは、開発行為に伴う環境影響を事前に評価し、必要な環境保全措置を講じるためです。中小規模の開発行為の場合、環境配慮書は、開発行為を実施した後、一定期間内に提出することが義務付けられています。これは、開発行為に伴う環境影響を確認し、必要な環境保全措置を講じるためです。

環境配慮書の提出時期は、遵守することが重要な事項です。環境配慮書を期限内に提出しないと、開発行為が中止されるか、許可が取り消される可能性があります。

環境配慮書の作成方法

環境配慮書の作成方法

環境配慮書の作成方法

環境配慮書の作成方法は、環境アセスメント法に基づいて定められています。環境配慮書を作成する際には、まず、環境影響評価の対象となる事業の内容や規模、実施場所などを明らかにする必要があります。次に、事業が環境に及ぼす影響を予測し、その影響を回避または軽減するための措置を講じる必要があります。

環境配慮書の作成にあたっては、環境影響評価の専門家による調査・分析が必要になります。専門家の調査・分析に基づき、事業が環境に及ぼす影響を予測し、その影響を回避または軽減するための措置を講じる必要があります。また、環境配慮書の作成にあたっては、事業者の意見だけではなく、地域住民の意見も反映することが重要です。

地域住民の意見を反映させるために、環境アセスメント法では、環境配慮書の縦覧や意見募集などの手続きを定めています。事業者は、環境配慮書を縦覧に供し、地域住民から意見を募集する必要があります。地域住民から寄せられた意見は、環境配慮書に反映させる必要があります。

環境配慮書の内容

環境配慮書の内容

環境アセスメント法に基づき作成される環境配慮書は、事業によって環境に及ぼす影響を評価し、その影響を回避・軽減するための措置を明らかにするものです。環境配慮書には、事業の概要、事業によって影響を受ける環境、事業による環境への影響、事業によって環境に及ぼす影響を回避・軽減するための措置、事業によって環境に及ぼす影響を監視するための措置などが記載されることとされています。

環境配慮書は、事業者が事業計画を策定する際に作成し、環境影響評価書を作成する際に活用されます。また、環境アセスメント法に基づく環境影響評価の手続きにおいて、環境影響評価書と併せて提出されることになります。

環境配慮書の公表と意見募集

環境配慮書の公表と意見募集

環境アセスメント法は、事業者に環境への影響を評価させ、その結果を公表すること、及び、関係住民等からの意見を募集することを求める法律です。

環境配慮書(環境影響評価書)は、以下の通り、環境アセスメントを実施する際に作成する書類です。

1.事業計画の概要
2.環境影響予測結果
3.環境影響低減対策
4.環境モニタリング計画
5.補償措置

国は、事業者から環境配慮書(環境影響評価書)が提出された場合、当該環境配慮書(環境影響評価書)を公告して一般に公表しなければなりません。公告は、事業者に対して行われます。

環境配慮書(環境影響評価書)が公表されると、住民や関係団体は、当該環境配慮書(環境影響評価書)に対して意見を提出することができます。意見の募集期間は、原則として30日間です。

提出された意見に対しては、事業者が意見書を提出して対応することが義務付けられています。

タイトルとURLをコピーしました