世界生物多様性アセスメントとは

世界生物多様性アセスメントとは

環境が気になる

世界生物多様性アセスメントについて教えてください。

地球環境の専門家

世界生物多様性アセスメントとは、世界の生物多様性の現状と問題点を評価した報告書です。国連環境計画(UNEP)、地球環境ファシリティー(GEF)が、世界保全モニタリングセンター(WCMC)の協力の下、世界中の専門家を動員して作成し、1995年に発表しました。

環境が気になる

作成された背景を教えてください。

地球環境の専門家

1992年の地球サミットで、生物多様性条約が採択されました。この条約を受けて、生物多様性の現状と問題点を評価することが求められました。世界生物多様性アセスメントは、この要請に応えるために作成されました。

世界生物多様性アセスメントとは。

「世界生物多様性アセスメント」とは、世界の生物多様性、つまりさまざまな生き物や生態系に関する用語である。このアセスメントでは、世界の生物多様性の現状と問題点を評価している。このアセスメントは、国連環境計画(UNEP)と地球環境ファシリティー(GEF)が、世界保全モニタリングセンター(WCMC)の協力の下、世界中の専門家を動員して作成され、1995年に発表された。

世界生物多様性アセスメント概要

世界生物多様性アセスメント概要

世界生物多様性アセスメント概要

世界生物多様性アセスメントは、国際連合環境計画(UNEP)と生物多様性条約事務局(CBD)が共同で行う大規模な科学的評価であり、生物多様性の状況と変化、およびその社会経済への影響を評価することを目的としている。このアセスメントは、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で承認され、2010年に開始された。

アセスメントは、世界中の科学者や専門家によるワーキンググループによって実施されており、2020年に最終報告書が発表される予定である。報告書は、生物多様性の現状と変化、生物多様性喪失の主な原因、生物多様性喪失の影響、生物多様性を保全するための政策や措置などを含む、包括的な内容になると予想されている。

アセスメントは、生物多様性条約の今後の交渉や政策決定に重要な役割を果たすことが期待されている。また、アセスメントの結果は、生物多様性の保全や持続可能な開発を推進する上で、世界中の政府や企業、市民社会などに活用されることが期待されている。

作成の目的

作成の目的

世界生物多様性アセスメントの作成の目的は、生物多様性の現状とそれに対する脅威を理解し、生物多様性の保全に向けた行動を促進することです。生物多様性は地球上の生命を維持するために不可欠であり、気候変動、食糧生産、水資源の確保など、さまざまな地球規模の問題に関連しています。

生物多様性の現状とそれに対する脅威を理解することは、保全に向けた行動を促進するために不可欠です。世界生物多様性アセスメントは、生物多様性に関する最新の科学的知見を網羅的にまとめ、生物多様性の保全に向けた行動が必要なことを示唆しています

世界生物多様性アセスメントは、生物多様性を保全するための国際的な枠組みである生物多様性条約の締約国によって委嘱されたものです。世界生物多様性アセスメントは、世界中の科学者や専門家によって実施されており、その結果は生物多様性条約の締約国会議で報告されます。

作成のプロセス

作成のプロセス

世界生物多様性アセスメントは、地球上の生物多様性とその変化を評価するために、世界中の主要な科学者たちによって実施された包括的な調査である。このアセスメントは、生物多様性の状態、生物多様性の変化の原因、生物多様性の喪失が人間と地球にもたらす影響など、幅広いトピックを扱っている。

これらのアセスメントは、地球生物圏における生物多様性の全体像を把握し、生物多様性の喪失がもたらす影響を評価するために実施される。生物多様性アセスメントを作成するプロセスは、複雑で広範囲にわたる。そのプロセスは、生物多様性に関するデータの収集、データの分析、結果の解釈、そして科学者によるレビューの段階を経て行われる。

生物多様性アセスメントのデータ収集段階では、世界中のさまざまな場所からデータが収集される。データは、衛星画像、フィールド調査、標本調査、文献調査など、さまざまな方法で収集される。収集されたデータは、アセスメントの科学者によって分析され、生物多様性の状態、生物多様性の変化の原因、生物多様性の喪失が人間と地球にもたらす影響など、さまざまなトピックについて評価される。

評価された結果は、アセスメントの最終報告書にまとめられる。最終報告書は、政府、企業、環境団体、一般市民など、さまざまな読者に向けて書かれる。最終報告書は、生物多様性の保護と持続可能な開発のために必要な行動を勧告する。

アセスメントの結果

アセスメントの結果

アセスメントの結果は、生物多様性の状態を総合的に評価しています。それによると、地球上の生物種は800万種から1000万種と推定され、そのうち約200万種はすでに分類されています。しかし、この分類された種ですら、その多くがまだよく研究されていません。

アセスメントでは、生物多様性の減少の主な原因として、生息地の破壊気候変動汚染外来種過剰利用を挙げています。これらの原因は、生物多様性の減少に大きな影響を与えており、今後さらに悪化することが懸念されています。

また、アセスメントでは、生物多様性の減少が人間社会に与える影響についても評価しています。生物多様性の減少は、食料の安定供給、水の浄化、大気の浄化、気候の安定化など、人間の生活に欠かせない生態系サービスの低下をもたらしています。また、生物多様性の減少は、人間の健康にも悪影響を与えると考えられています。

アセスメントの結果は、生物多様性の減少が地球規模で進行しており、人類を含めた地球上のすべての生命にとって深刻な脅威となっていることを示しています。生物多様性の減少を食い止めるためには、国際社会が協力して、生息地の保護、気候変動対策、汚染防止、外来種の駆除、過剰利用の防止など、さまざまな対策を講じることが不可欠です。

世界生物多様性アセスメントの意義

世界生物多様性アセスメントの意義

世界生物多様性アセスメントとは

世界生物多様性アセスメントの意義

世界生物多様性アセスメントは、世界の生物多様性と生態系の現状と将来の見通しを評価するために、世界各地の専門家が集まって行う大規模な調査・評価活動です。生物多様性のアセスメントは、なぜ重要なのでしょうか。

第一に、生物多様性は人類の生活に不可欠な資源とサービスを提供してくれます。私たちは、食料、水、空気、エネルギー、薬、材料など、さまざまなものを生物多様性に依存しています。また、生物多様性は、気候変動の緩和、水質浄化、土壌保全、害虫駆除など、さまざまな生態系サービスを提供してくれています。

第二に、生物多様性は、私たちが生きている地球の健全性を示す指標でもあります。生物多様性が豊かであるということは、地球が健康であることを意味します。逆に、生物多様性が失われるということは、地球が病んでいることを意味します。

第三に、生物多様性は、地球上の生命の歴史と進化を物語ってくれます。生物多様性は、何億年もかけて進化してきた結果であり、地球の歴史の証人でもあります。生物多様性を失うということは、地球の歴史と進化の物語の一部を失うことを意味します。

生物多様性アセスメントは、これらの生物多様性の価値を明らかにし、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するために不可欠な情報とツールを提供しています。

タイトルとURLをコピーしました