国連気候変動枠組条約COP26とは?

国連気候変動枠組条約COP26とは?

環境が気になる

先生、気候変動枠組条約第26回条約国会議(COP26)について教えてください。

地球環境の専門家

COP26とは、気候変動に関する国際的な枠組みである気候変動枠組条約の第26回締約国会議のことです。2021年10月31日から11月13日にかけて英国グラスゴーで開催されました。

環境が気になる

COP26ではどのようなことが話し合われたのですか?

地球環境の専門家

COP26では、2050年までに世界の平均気温上昇を産業革命前と比べて1.5度に抑えるという目標を掲げ、温室効果ガスの排出削減に向けた具体的な取り組みについて話し合われました。

気候変動枠組条約第26回条約国会議とは。

「気候変動枠組条約第26回条約国会議」とは、気候変動に関する国際条約である「国連気候変動枠組条約」の第26回締約国会議のことです。正式名称は、「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」です。この会議では、京都議定書第16回締約国会議、パリ協定第3回締約国会合も同時開催され、2021年10月31日から11月13日にかけて、英国グラスゴーで開催されました。もともとこの会議は2020年に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で1年延期されました。

COP26の概要

COP26の概要

COP26の概要

COP26とは、2021年10月31日から11月12日まで英国グラスゴーで開催された、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議のことです。この会議には、196カ国から1万9000人以上の政府関係者と専門家が参加し、気候変動問題への取り組みについて議論しました。COP26の主な目的は、2015年に採択されたパリ協定の履行についてレビューを行い、気候変動問題への取り組みを加速させるための新たな目標や行動を決定することでした。また、途上国への気候変動対策への資金援助についても議論されました。

COP26では、気候変動問題への取り組みを加速させるための重要な合意が数多く採択されました。その中でも最も重要な合意の一つは、2050年までに世界の平均気温上昇を産業革命以前と比較して1.5度に抑えるという目標を掲げた「グラスゴー気候協定」です。この目標を達成するためには、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量を大幅に削減する必要があります。COP26では、この目標を達成するための具体的な行動計画も議論されました。

COP26は、気候変動問題への取り組みにおいて大きな進展を遂げた会議となりました。しかし、気候変動問題の解決には、今後も継続的な取り組みが必要となります。世界各国がCOP26で採択された合意を履行し、気候変動問題の解決に向けて努力することが求められています。

開催場所と日程

開催場所と日程

気候変動に対処するための国際的な枠組みである国連気候変動枠組条約COP26(第26回締約国会議)は、2021年10月31日から11月12日にかけて、英国スコットランドのグラスゴーで行われました。

会議は、気候変動に関するパリ協定の採択から5年後に開催され、世界各国が協定の進捗状況を確認し、より野心的な目標を掲げることが期待されていました。

会議には、197の国と地域から1万2000人以上の代表者が出席し、気候変動問題について幅広い議論が行われました。主要な議題としては、世界全体の温室効果ガスの排出量を大幅に削減するための具体策や、途上国への資金支援、気候変動の影響を受けやすい地域への適応策などが挙げられました。

目的と目標

目的と目標

国連気約枠組条約COP26とは?
目的と目標

COP26とは、2021年10月31日から11月12日まで英国スコットランドのグラスゴーで開催された第26回国連気候変動枠組条約締約国会議(Conference of the Parties;通称COP26)のことです。

COP26の目的は、地球温暖化や気候変動の影響を緩和するために、温室効果ガスの排出削減や適応策を強化することです。また、開発途上国を支援するための資金援助を決定することなども目的としています。

この会議では、2015年に採択された「パリ協定」に基づいて、温室効果ガスの排出量を削減し、平均気温の上昇を産業革命前と比較して1.5度に抑えるという目標を掲げました。パリ協定では、2030年までに温室効果ガスの排出量を産業革命前と比較して45%削減することを目標としています。

COP26では、各国が気候変動への対策強化に向けた具体的な施策や目標を発表しました。日本では、温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年度比で46%削減し、2050年までにカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出と吸収量がゼロになる)を目指すことを表明しました。

COP26での各国が発表した気候変動への対策強化に向けた施策や目標は、地球温暖化や気候変動の影響を緩和するためには不十分だとして、環境団体や科学者からは批判されています。しかし、この会議は、気候変動への対策強化に向けた国際的な協力の重要性を示す機会となりました。

参加国と主要議題

参加国と主要議題

-参加国と主要議題-

COP26には、1997年に採択された気候変動に関する国際的な枠組みである「京都議定書」の改定を機に1995年に発足した気候変動枠組条約(UNFCCC)加盟国197カ国が参加しました。

主要議題は、2015年のパリ協定で定められた「世界の平均気温の上昇を産業革命以前より2度未満に抑え、気温上昇を1.5度に近づけるよう努める」という目標を達成するために、どのように行動すべきかについてでした。

この目標を達成するためには、化石燃料への依存から再生可能エネルギーへの移行や、森林の保全など、各国の具体的な行動が必要です

COP26では、これらの目標を達成するための具体的な行動を議論し、合意を目指しました

COP26の意義と今後の展望

COP26の意義と今後の展望

COP26の意義と今後の展望

COP26は、世界各国が参加して気候変動問題に対処するための枠組みである国連気候変動枠組条約(UNFCCC)に基づいて開催される第26回締約国会議です。COP26は、英国グラスゴーで2021年11月1日から2週間にわたって開催されました。

COP26は、気候変動に関する国際的な枠組みであるパリ協定を採択した2015年のCOP21以来、初めて開催されるCOPであり、大きな注目を集めました。COP26の主要な議題は、パリ協定の目標を達成するための具体的な行動計画を策定することでした。

COP26では、世界各国が気候変動対策への取り組みを強化する必要性について合意しました。また、COP26では、気候変動対策への資金支援を2025年までに年間1,000億ドルに増額することや、森林破壊を2030年までにゼロにすることなど、具体的な目標が掲げられました。

COP26は、気候変動問題に対処するための重要な一歩となりました。しかし、パリ協定の目標を達成するためには、世界各国がCOP26で合意した目標を確実に実行することが必要です。また、気候変動対策への資金支援をさらに増額し、森林破壊をゼロにするための取り組みを強化することが求められます。

タイトルとURLをコピーしました