ポスト京都議定書-国際社会の気候変動対策の行方-

ポスト京都議定書-国際社会の気候変動対策の行方-

環境が気になる

環境に関する用語『ポスト京都議定書』について説明してもらえますか?

地球環境の専門家

『ポスト京都議定書』とは、京都議定書で定められている第一約束期間以降の枠組みにかかる諸問題を指す用語です。

環境が気になる

第一約束期間とは、いつからいつまでですか?

地球環境の専門家

第一約束期間は、1990年を基準年として2008年-2012年までです。

ポスト京都議定書とは。

「ポスト京都議定書」とは、京都議定書で制定された最初の約束期間(First Commitment Period)の終了後に求められる枠組みについての問題を指しています。現在の京都議定書は、1990年を基準年として2008年から2012年までを最初の約束期間とし、国連気候変動枠組条約の加盟国による温暖化ガス削減目標などの地球温暖化防止対策の国際的な枠組みを定めています。2013年以降、どのような枠組みでこれを進めるかについては、京都議定書第3条9項により、最初の約束期間が終了する少なくとも7年前に検討を開始することとされて、2005年から締約国会合を中心として政策立案者、研究者などによる検討が始まりましたが、議論は難航しており2007年現在、枠組みの方向は定まっていません。

ポスト京都議定書の背景と概要

ポスト京都議定書の背景と概要

ポスト京都議定書とは、京都議定書が失効する2012年以降の気候変動対策の枠組みのことである。京都議定書は、1997年に採択された気候変動に関する国際条約であり、先進国に対して温室効果ガス排出量削減義務を課している。しかし、京都議定書は2012年で失効するため、その後継となる新たな気候変動対策の枠組みが必要とされている。

ポスト京都議定書の交渉は、2007年から開始された。交渉は難航し、2009年のCOP15では合意に達することができなかった。しかし、2010年のCOP16でついに合意が成立した。COP16で採択された「気候変動に関するカン昆合意」は、ポスト京都議定書の основные принципыとなることが期待されている。

カン昆合意は、2020年までに世界の温室効果ガス排出量を1990年レベルより5%削減することを目指している。また、カン昆合意は、先進国に対して途上国への資金援助を義務付けている。途上国への資金援助は、途上国が気候変動対策を実施するために必要となる資金を提供するものである。

ポスト京都議定書は、気候変動問題の解決に向けて重要な一歩である。しかし、ポスト京都議定書は、まだ十分な成果を上げていないという指摘もある。ポスト京都議定書をより効果的なものにするためには、先進国と途上国の双方が、気候変動対策に真剣に取り組む必要がある。

ポスト京都議定書における気候変動対策の主な争点

ポスト京都議定書における気候変動対策の主な争点

ポスト京都議定書における気候変動対策の主な争点

先進国と途上国の排出削減義務の負担割合、途上国への資金支援、技術協力など、ポスト京都議定書交渉においては多くの争点がある。まず、先進国と途上国の排出削減義務の負担割合について、先進国は京都議定書第3条の規定に基づき、国内の温室効果ガス排出量を1990年比で平均5%削減する義務を負っている。一方、途上国には法的な削減義務はなく、自主的な削減努力を行うことが期待されている。しかし、途上国の中には、先進国が削減義務を負っている以上、途上国も法的な削減義務を負うべきだと主張する国もある。

次に、途上国への資金支援について、途上国は、気候変動対策のための資金や技術を必要としている。先進国は、途上国に資金や技術を提供することで気候変動対策を支援すべきだと主張している。また、途上国は、気候変動対策のための資金は、途上国に無償で提供されるべきだと主張している。しかし、先進国の中には、途上国への資金支援は、途上国の自主的な削減努力を促すためのものであり、途上国に無償で提供されるべきではないと主張する国もある。

最後に、技術協力について、途上国は、先進国の技術協力が必要だと主張している。先進国は、途上国に技術協力を行うことで気候変動対策を支援すべきだと主張している。また、途上国は、先進国の技術協力は、途上国の自主的な削減努力を促すためのものであり、途上国に無償で提供されるべきだと主張している。しかし、先進国の中には、途上国への技術協力は、先進国の自主的な取り組みであり、途上国に無償で提供されるべきではないと主張する国もある。

ポスト京都議定書交渉の現状と今後の課題

ポスト京都議定書交渉の現状と今後の課題

ポスト京都議定書交渉の現状と今後の課題

京都議定書は、2012年で第一約束期間が終了し、2013年からは第二約束期間が始まりました。第二約束期間の目標は、先進国全体で温室効果ガス排出量を1990年比で少なくとも18%削減することです。現在、ポスト京都議定書交渉が行われており、2020年以降の気候変動対策の枠組みを議論しています。

ポスト京都議定書交渉では、先進国と途上国の間で、温室効果ガス排出削減の負担割合をめぐって意見が対立しています。先進国は、途上国も温室効果ガス排出削減に取り組むべきだと主張しているのに対し、途上国は、先進国が歴史的な排出責任を負っているため、先進国がより多くの削減努力を行うべきだと主張しています。また、ポスト京都議定書交渉では、気候変動対策の資金支援についても議論されています。先進国は、途上国に気候変動対策の資金支援を行うべきだと主張しているのに対し、途上国は、気候変動対策の資金支援は十分ではないと主張しています。

ポスト京都議定書交渉は、難航しており、2020年以降の気候変動対策の枠組みがいつ合意されるかは不透明です。しかし、気候変動対策は、地球規模の課題であり、国際社会が協力して取り組むことが求められています。ポスト京都議定書交渉が合意に達し、2020年以降の気候変動対策の枠組みが確立されることを期待したいものです。

ポスト京都議定書への日本の貢献と役割

ポスト京都議定書への日本の貢献と役割

ポスト京都議定書への日本の貢献と役割

京都議定書の第一約束期間が2012年に終了し、第二約束期間が2013年から始まった。第二約束期間では、京都議定書に参加した国々は、温室効果ガス排出量を第一約束期間の平均排出量の5%削減することが義務付けられている。日本もこの第二約束期間に参加しており、温室効果ガス排出量を2005年の排出量から25%削減することを目標としている。

日本は、温室効果ガス排出量を削減するために、再生可能エネルギーの導入、エネルギー効率の向上、森林の保全など、様々な対策を実施している。2015年12月に採択されたパリ協定では、世界全体の温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロにすることが目指されており、日本もこの目標に貢献するために、引き続き温室効果ガス排出量削減のための対策を強化していく必要がある。

日本は、温室効果ガス排出量削減のための国際的な枠組みづくりにも積極的に貢献している。2015年12月に開催されたCOP21では、日本は議長国を務め、パリ協定の採択に貢献した。日本は、今後も、温室効果ガス排出量削減のための国際的な枠組みづくりに積極的に関与し、世界の気候変動問題解決に貢献していく必要がある。

ポスト京都議定書における市民社会の役割

ポスト京都議定書における市民社会の役割

ポスト京都議定書における市民社会の役割

京都議定書は2020年までを対象とした国際的な気候変動対策の枠組みであった。2015年のパリ協定では、京都議定書の延長として2030年までの新たな気候変動対策の枠組みが合意された。パリ協定では、市民社会の役割が特に重視されている。

市民社会は、気候変動対策の推進において重要な役割を果たすことができる。市民社会は、気候変動問題に対する意識を高め、政府や企業に対して気候変動対策を要求することができる。また、市民社会は、気候変動対策のための資金を調達したり、気候変動対策のプロジェクトを実施したりすることもできる。

パリ協定では、市民社会の役割を明確にするために、市民社会の代表者が気候変動に関する国際会議に参加することを認めている。また、パリ協定では、市民社会が気候変動対策のための資金を調達するための支援を行うことも定めている。

市民社会は、気候変動対策の推進において重要な役割を果たすことができる。市民社会は、気候変動問題に対する意識を高め、政府や企業に対して気候変動対策を要求することができる。また、市民社会は、気候変動対策のための資金を調達したり、気候変動対策のプロジェクトを実施したりすることもできる。パリ協定では、市民社会の役割が特に重視されており、市民社会の代表者が気候変動に関する国際会議に参加することを認めている。また、パリ協定では、市民社会が気候変動対策のための資金を調達するための支援を行うことも定めている。

タイトルとURLをコピーしました