地球環境に関すること

地球環境に関すること

グローブ計画とは?

グローブ計画の概要 グローブ計画は、第二次世界大戦中に米国が主導した極秘の原子爆弾開発計画である。1942年9月に開始され、1945年8月に広島と長崎への原爆投下で成功裏に終結した。計画は科学者、技術者、軍人の大規模なチームによって実施され、その総費用は20億ドル(現在の金額で約2,000億ドル)を超えた。 グローブ計画は、米国が原爆開発競争でドイツに遅れをとっているという懸念から始まった。ドイツはすでに1939年に原子核分裂を発見しており、原子爆弾の開発に着手しているとみられていた。米国は、原子爆弾を開発すれば大戦の早期終結と自国の安全保障を確保できると考えた。 グローブ計画は、マンハッタン計画とも呼ばれる。これは、計画の拠点となったニューヨーク市のマンハッタンに由来する。計画には、コロンビア大学、シカゴ大学、カリフォルニア大学バークレー校などの大学の科学者や技術者、陸軍、海軍、空軍の軍人が参加した。計画の責任者は、米国陸軍工兵隊のレズリー・グローブス将軍であった。 グローブ計画は、原爆の開発だけでなく、原爆を投下するための兵器の開発も含まれていた。原子爆弾は、ウラン235またはプルトニウム239を核分裂させることで爆発する。ウラン235は天然ウランに含まれる同位体であり、プルトニウム239はウラン238を中性子で照射することで作られる。 グローブ計画は、1945年8月に広島と長崎への原爆投下で成功裏に終結した。広島への原爆投下では、14万人以上が死亡し、長崎への原爆投下では、7万人以上が死亡した。原爆投下は、日本の降伏と第二次世界大戦の終結につながった。
地球環境に関すること

地球温暖化防止活動推進員とは?活躍する場や役割を紹介

地球温暖化防止活動推進員とは、地球温暖化を防止するための活動を行う人々のことです。彼らは、一般市民に地球温暖化の問題を啓発したり、地球温暖化対策を推進したりする役割を担っています。また、企業や自治体と連携して地球温暖化対策を推進したり、地球温暖化に関する調査研究を行ったりすることもあります。 地球温暖化防止活動推進員になるためには、地球温暖化に関する知識や、啓発活動や調査研究の経験があることが必要です。また、地球温暖化問題に対する強い関心と、地球温暖化を防止するための活動を推進したいという意欲があることも大切です。 地球温暖化防止活動推進員は、地球温暖化問題の解決に向けて重要な役割を果たしています。彼らの活動によって、一般市民の地球温暖化に対する意識が高まり、地球温暖化対策が推進されることにつながっています。また、彼らの調査研究によって、地球温暖化の原因や影響についての理解が深まり、地球温暖化を防止するための有効な対策が開発されることにつながっています。
地球環境に関すること

地球温暖化対策のための国民運動とは?その目的と活動内容を解説します

地球温暖化対策のための国民運動とは何か 地球温暖化対策のための国民運動とは、地球温暖化を食い止め、持続可能な社会の実現を目指すために、国民が参加して行う運動のことです。この運動は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を削減し、再生可能エネルギーの導入を促進し、国民の環境意識を高めることを目的としています。国民は、省エネやリサイクル、植林などの活動を通じて、地球温暖化対策に貢献することができます。
地球環境に関すること

熱帯乾林とは

熱帯乾林とは、熱帯地域に分布する森林のことです。年間を通して高温多湿な気候であり、雨季と乾季がはっきりしています。雨季には多くの雨が降りますが、乾季には雨がほとんど降りません。 熱帯乾林は、多様な動植物が生息する豊かな生態系を持っています。森林には、高木や低木、つる植物、着生植物が茂り、地面には草本やシダ植物が生えています。動物には、サル、オウム、ヘビ、トカゲなどが生息しています。 熱帯乾林は、木材や農作物の生産、水資源の供給など、人間生活にとって重要な役割を果たしています。しかし、近年では森林伐採や気候変動の影響で、熱帯乾林は減少しています。熱帯乾林を保全するためには、森林伐採を抑制し、気候変動対策を進めることが重要です。
地球環境に関すること

附属書I国とは?条約とはどう違う?

附属書I国とは、原子力発電所の建設や運転を禁止している国のことです。条約とは異なり、附属書I国になるかどうかの決定は各国の自主性に委ねられています。附属書I国は、原子力発電所の安全性や環境への影響を懸念して、原子力発電を禁止しています。現在、附属書I国は24カ国あり、その中には、オーストリア、デンマーク、ギリシャ、アイスランド、イタリア、ルクセンブルク、ポルトガル、スペイン、スイスなどが含まれています。これらの国々は、原子力発電所の建設や運転を禁止する法律を制定しており、原子力発電所は存在しません。
地球環境に関すること

南極大陸とは?

南極大陸の特徴 南極大陸は、地球上で最も寒い、最も乾燥した、最も標高の高い、最も風の強い大陸である。また、南極大陸は、地球上で唯一、人間が定住していない大陸である。南極大陸の面積は約1,400万平方キロメートルで、オーストラリアの約2倍の広さである。南極大陸の最高峰は標高約5,140メートルのヴィンソン・マシフである。南極大陸は、約2,000万年前から氷床に覆われており、その氷床の厚さは最大で約4,000メートルにもなる。南極大陸の氷床は、地球上の淡水の約70%を占めている。南極大陸は、地球上の気候変動に大きな影響を与えている。南極大陸の氷床が溶けると、海面上昇が起こり、沿岸地域が浸水する可能性がある。また、南極大陸の氷床が溶けると、地球の気温が上昇し、気候変動が加速する可能性がある。
地球環境に関すること

地球環境モニタリングシステムのしくみと目的

地球環境モニタリングシステム(GEMS)とは、地球環境の状態を継続的に監視し、その変化を把握するための国際的なシステムです。1972年の国連人間環境会議で採択された「環境宣言」に基づいて、1974年に国連環境計画(UNEP)によって設立されました。GEMSの目的は、地球環境の状態を継続的に監視し、その変化を把握することによって、地球環境問題の早期発見と対応を可能にすることです。GEMSは、世界各地の観測所や研究機関が連携して、大気、水質、土壌、生物多様性など、地球環境のさまざまな要素を監視しています。また、GEMSは、観測データに基づいて、地球環境の状態を評価し、地球環境問題に関する報告書を発行しています。GEMSの報告書は、地球環境問題の解決に向けた政策決定に役立てられています。
地球環境に関すること

東アジア酸性雨モニタリングネットワークの取り組み

東アジア酸性雨モニタリングネットワークとは、東アジア地域における酸性雨の状況を把握し、その原因を究明し、酸性雨による被害を軽減することを目的として、1991年に設立された国際機関です。このネットワークは、中国、日本、韓国、モンゴル、ロシアの5か国が参加しており、各国の酸性雨観測データを収集・分析し、酸性雨の発生状況やその原因を調査しています。また、酸性雨による被害を軽減するための対策を検討し、各国政府や国際機関に提言を行っています。 このネットワークの活動により、東アジア地域における酸性雨の状況が明らかになり、その原因も解明されつつあります。また、酸性雨による被害を軽減するための対策も検討されており、各国政府や国際機関に提言が行われています。このネットワークの活動は、東アジア地域における酸性雨問題の解決に貢献しており、今後もその活動が期待されています。 このネットワークの活動は、東アジア地域における酸性雨問題の解決に貢献しており、今後もその活動が期待されています。
地球環境に関すること

カーボンニュートラル連合とは

カーボンニュートラル連合の目的は、カーボンニュートラル社会の実現に向けて、官民連携によるイノベーションの創出と、社会実装を促進することにあります。具体的には、以下の活動に取り組んでいます。 * 官民連携によるカーボンニュートラル技術の研究開発 * カーボンニュートラル社会に必要な人材の育成 * カーボンニュートラル社会に向けた政策提言 * カーボンニュートラル社会の実現に向けた社会実装の促進 これにより、カーボンニュートラル社会の実現に貢献することを目指しています。
地球環境に関すること

環境に関する用語『クリーン開発と機構に関する太平洋パートナーシップ第一回閣僚会議』

環境に関する用語『クリーン開発と機構に関する太平洋パートナーシップ第一回閣僚会議』は、2022年12月15日に日本と中国共同主催でオンラインで開催されました。会議には、太平洋島嶼国14カ国の閣僚を含む、各国政府、国際機関、市民社会、民間部門の代表が参加しました。 会議では、太平洋地域における気候変動、生物多様性、海洋汚染などの環境問題への取組みについて議論されました。また、クリーンエネルギー、適応策、レジリエンス構築への支援、廃棄物管理、海洋保護など、太平洋地域における環境協力を促進するための具体的な行動計画が採択されました。 さらに、会議では、太平洋地域における環境協力のための新たな枠組み「クリーン開発と機構に関する太平洋パートナーシップ(PCED)」が発足し、日本、オーストラリア、ニュージーランド、中国、米国が共同議長を務めることになりました。PCEDは、太平洋地域における環境協力の強化、環境問題への取組みの促進、太平洋島嶼国の環境保全能力の向上を目指して活動していきます。 会議を通じて、太平洋島嶼国とパートナー国の間で、環境問題への取組みを強化し、太平洋地域を持続可能な未来に向けて発展させていくための協力関係が強化されました。
地球環境に関すること

国連が推進するフォーパーミル・イニシアチブとは?

フォーパーミル・イニシアチブの背景 フォーパーミル・イニシアチブは、国連が2010年に開始した「地球を守るための経済」を推進するイニシアチブです。このイニシアチブは、気候変動や生物多様性の喪失、貧困などの地球規模の課題を解決するために経済システムを変革することを目指しています。背景には、持続可能な開発が世界の共通の課題となっていることが挙げられます。 国連加盟国は2000年9月に採択された「国連ミレニアム宣言」で、2015年までに達成すべき8つの「ミレニアム開発目標(MDGs)」を掲げました。MDGsは貧困削減や教育普及、環境保護など幅広い分野をカバーしており、2015年までに一定の成果を上げました。 しかし、MDGsを達成した後も、依然として解決すべき課題は多く残されています。貧困や格差、気候変動、生物多様性の喪失など、地球規模の課題に直面しており、これらの課題を解決するためには経済システムの変革が必要だとされています。 フォーパーミル・イニシアチブは、経済システムを変革し、持続可能な開発を推進するために、国連が開始したイニシアチブです。このイニシアチブは、気候変動や生物多様性の喪失、貧困などの地球規模の課題を解決することを目指しており、持続可能な開発を推進するための重要な取り組みとなっています。
地球環境に関すること

生物多様性を知り保全する:環境用語『インベントリー』深堀り

インベントリーとは、ある地域の生物の種類と分布を記録し、調査することです。生物多様性研究の重要な基礎であり、生態系を理解し、保全戦略を立てるために不可欠です。インベントリーを実施することで、その地域の生物相を明らかにし、希少種や絶滅危惧種の生息状況を把握することができます。また、生息地の変化や外来種の侵入など、生物多様性に影響を与える要因を特定することも可能です。インベントリーは、研究者や自然保護団体だけでなく、地域住民や行政も協力して実施できる活動であり、生物多様性の保全に貢献することができます。
地球環境に関すること

国際地球観測年と南極観測

国際地球観測年とは、1957年から1958年にかけて実施された、世界規模の科学調査プロジェクトのことである。1955年に国際科学会議(ICSU)が提唱し、世界中の67か国が参加した。 国際地球観測年は、地球を取り巻く環境を総合的に調査することを目的としており、大気、海洋、地形、生物などあらゆる分野の観測が行われた。また、人工衛星による宇宙空間の観測も行われた。 国際地球観測年は、人類が初めて地球全体を総合的に調査したプロジェクトであり、地球科学の発展に大きく貢献した。また、国際地球観測年を契機として、南極観測や気象観測などの国際的な科学協力が盛んになった。
地球環境に関すること

COP18の概要と気候変動への影響

COP18とは、気候変動に関する国際連合枠組条約第18回締約国会議のことであり、2012年に開催されました。過去10年間に世界の温室効果ガス排出量が10%増加し、すでに気候変動の影響が世界中で現れていることから、この会議で求められたのは、気候変動対策に国際社会がどのように取り組むべきかについて、合意を取り付けることでした。 COP18では、2012年12月8日から19日にかけて国連気候変動枠組条約締約国会議が開かれ、194カ国・地域が出席しました。この会議では、温室効果ガスの排出削減を約束する「京都議定書」の第2約束期間に関する合意が得られなかったものの、2015年までに新しい国際協定を策定することや、途上国を支援するための「緑の気候基金」を設立することなどが決定されました。 COP18は、気候変動対策を世界規模で推進するための重要な会議であり、その成果は気候変動への影響に大きな影響を与えました。
地球環境に関すること

純生物相生産について知ろう

純生物相生産とは、太陽光をエネルギー源として、大気中の二酸化炭素と水から有機物を生成するプロセスです。このプロセスは、植物、藻類、一部の細菌など、光合成を行う生物によって行われます。光合成により生成される有機物は、それらの生物の成長や繁殖に使用されたり、他の生物の栄養源になったりします。 純生物相生産は、地球上で生物が生存するための基本的で不可欠なプロセスです。なぜなら、それは食物連鎖の基礎となる有機物を生産するからです。 光合成を行う生物は、大気中の二酸化炭素と水を吸収し、それらを有機物と酸素に変換します。この有機物は、動物など他の生物の栄養源となり、それらの生物が生きていくために必要なエネルギーと物質を提供します。 純生物相生産は、地球上の様々な生態系における物質循環にも重要な役割を果たしています。植物や藻類が光合成によって生産した有機物は、死後、分解されて土壌や水中に戻されます。この分解された有機物は、再び植物や藻類によって吸収され、新しい有機物が生成されます。このサイクルは、地球上の生態系のバランスを維持する上で重要な役割を果たしています。
地球環境に関すること

生物多様性条約とは何か?

生物多様性条約とは、地球上の生態系、種、遺伝子の多様性を保全し、持続可能な利用を促進し、遺伝資源の利用から生じる利益を公正かつ衡平に配分することを目的とした国際条約です。 生物多様性条約は、1992年のリオデジャネイロ地球サミットで採択され、1993年に発効しました。条約は、世界196カ国が加盟し、生物多様性の保全と持続可能な利用の促進に取り組んでいます。 条約の主な内容は、次のとおりです。 * 生物多様性の保全生態系、種、遺伝子の多様性の保全を促進すること。 * 生物多様性の持続可能な利用生物多様性を持続可能な方法で利用し、その利益を最大限に活用すること。 * 遺伝資源の利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分遺伝資源を他国が利用した場合、その利益を配分すること。 生物多様性条約は、地球上の生物多様性を保全し、持続可能な社会を実現するための重要な条約です。条約の目標を達成するため、世界各国は、生物多様性の保全と持続可能な利用の促進に取り組んでいます。
地球環境に関すること

ロハスとは?その意味や由来、注意点まで解説

環境にやさしく、健康的な生活を送るためのライフスタイルとは、持続可能な社会を築くために、環境への影響を最小限に抑え、健康を維持・増進するライフスタイルのことです。具体的には、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を心がけ、再生可能エネルギーを利用し、地産地消を心がけるなどが挙げられます。また、健康的な食生活を送ることもロハスなライフスタイルの一つです。バランスのとれた食事を心がけ、加工食品や添加物の摂取を控え、旬の食材を食べることを意識しましょう。さらに、適度な運動や十分な睡眠も健康を維持するために重要です。ロハスなライフスタイルを送ることは、環境や健康だけでなく、心にも良い影響を与えます。自然と触れ合い、健康的な食事を摂り、適度な運動をすることで、ストレスが軽減され、幸福感を得ることができるでしょう。
地球環境に関すること

世界気候計画とは?気候変動への取り組みを理解しよう

気候変動を理解するために、世界気候計画(WCRP)が1980年に発足しました。WCRPは、海洋、氷床、大気圏、陸地など、気候システムのさまざまな要素を研究する国際的な共同計画です。この計画は、気候変動の予測や、気候変動の影響を軽減する方策の研究を実施しています。 WCRPは、世界中の気候科学者や研究者が協力して、気候システムの理解を深め、気候変動の予測をより正確にすることを目指しています。また、WCRPは、気候変動の影響を軽減する方策の研究も行っています。 WCRPは、気候変動に関する科学的知見を向上させることで、気候変動への取り組みを推進するために重要な役割を果たしています。WCRPの研究成果は、気候変動に関する政策立案や、気候変動への適応策の策定などに活用されています。
地球環境に関すること

熱帯モンスーン林って知ってる?

熱帯モンスーン林は熱帯地方にあり、乾季と雨季がはっきりしている地域に分布する森林です。年間降水量は1,000~2,000mm程度で、乾季と雨季で降水量に大きな差があります。乾季にはほとんど雨が降らず、雨季には集中して雨が降ります。 熱帯モンスーン林は多様な動植物が生息する森林で、トラ、ゾウ、サイ、サル、オオトカゲなど大型の動物が生息しています。また、ラン、シダ、コケなど多種多様な植物が生息しています。熱帯モンスーン林は、地球の温暖化や森林伐採などによってその面積が減少しています。
地球環境に関すること

低炭素建築物新築等計画の認定とは?

低炭素建築物新築等計画の認定とは? 低炭素建築物新築等計画の認定とは、国土交通大臣が、建築物の新築や改修、建築物の用途変更等を行う事業者に対し、建築物の省エネルギー性能向上や温室効果ガスの排出削減を図る計画を提出してもらい、その計画を認定する制度のことです。 この認定を受けると、認定を受けた建築物に対して、固定資産税の減免や融資の金利優遇などの優遇措置を受けることができます。また、認定を受けた建築物は、建築物の省エネルギー性能向上や温室効果ガスの排出削減を図っていることが証明されるため、建物の価値向上や、建物利用者の満足度向上にもつながります。
地球環境に関すること

ベースライン:温室効果ガスの削減目標を達成するために不可欠な基準

ベースラインとは、特定の目標達成に向けた進捗状況を測る基準となる数値です。 温室効果ガスの削減目標を達成するためには、まず、現在の温室効果ガスの排出量を把握することが重要です。その上で、目標達成に向けて、どれだけ排出量を削減する必要があるのかを算出します。このときの現在排出量を把握する基準となる数値がベースラインです。 温室効果ガスの排出量を削減するための目標は、国際的な枠組みである気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で設定されています。UNFCCCでは、地球の平均気温上昇を産業革命前と比べて2℃未満、できれば1.5℃に抑えることが目標とされています。この目標を達成するためには、世界の温室効果ガスの排出量を2030年までに2010年比で45%、2050年までに実質ゼロにする必要があります。 日本はUNFCCCの目標を達成するため、温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減することを目標としています。 この目標達成に向けて、日本政府は、再生可能エネルギーの導入促進、省エネの推進、森林の保全や植林などの施策を実施しています。 温室効果ガスの排出量を削減するための目標を達成するためには、ベースラインを正確に把握することが重要です。ベースラインが不正確であれば、目標達成に向けた進捗状況を正確に測ることができず、適切な対策を講じることができません。
地球環境に関すること

北極という用語について

北極という用語について 北極とは何か 北極とは、地球の北端にある地域のことです。 北極圏は、北緯66度33分44秒の北極線から北極点まである地域のことで、日本の北海道や、ロシア、カナダ、アメリカ、グリーンランドなどにまたがっています。北極地域は、氷河やツンドラ、永久凍土などが広がる寒冷地です。北極圏には、イヌイットをはじめとする先住民族が暮らしています。
地球環境に関すること

炭素循環とは?地球上の炭素の排出と吸収のメカニズム

炭素循環とは、地球上の炭素が生物圏、大気圏、水圏、地殻の間で循環するプロセスです。 この循環は、地球上の生命を維持するのに不可欠な役割を果たしています。 炭素循環は、炭素の排出と吸収という2つの主要なプロセスから成り立っています。 炭素の排出は、主に化石燃料の燃焼や森林伐採によって行われます。炭素の吸収は、主に植物による光合成によって行われます。 炭素循環は、地球上の気温を調節する役割も果たしています。 炭素は温室効果ガスの一種であり、大気中の炭素が増加すると地球の気温が上昇します。逆に、大気中の炭素が減少すると地球の気温が低下します。 炭素循環は、地球上の気候変動に大きな影響を与えています。 化石燃料の燃焼や森林伐採によって大気中の炭素が増加し、地球の気温が上昇しています。この気温の上昇は、海面上昇、異常気象、動植物の絶滅などの様々な問題を引き起こしています。 炭素循環を維持することは、地球上の生命を維持するためにも、気候変動を抑制するためにも非常に重要です。 化石燃料の燃焼を減らし、森林を守り、再生可能エネルギーを推進することが、炭素循環を維持するために必要な取り組みです。
地球環境に関すること

エタノール混合ガソリンで低炭素化を目指せ

エタノール混合ガソリンとは、一定量の無水エタノールをレギュラーガソリンに加えたものであり、自動車の燃料として利用することができるバイオマス由来の再生可能エネルギーの一種です。ガソリンに比べて二酸化炭素排出量が少ない上、燃焼効率が高く燃費が向上することから、温室効果ガス削減に貢献する低炭素燃料として期待されています。 エタノール混合ガソリンは、ガソリンとエタノールの混合比率に応じて、E3、E10、E20などと呼ばれる様々な種類があります。それぞれの数字は、ガソリン中に含まれるエタノールの体積濃度を示しており、たとえばE10はエタノールを10%含んだガソリンを意味しています。エタノールの混合比率が高いほど二酸化炭素排出量は少なくなり、燃費も向上しますが、その分ガソリンより価格が高くなる傾向があります。 エタノール混合ガソリンは、環境負荷を軽減する低炭素燃料として、また、石油への依存度を低下させるためのエネルギー安全保障の観点から、世界各国で導入が進んでいます。日本でも、2030年までに全国のガソリンスタンドでE10を供給することを目標としており、低炭素社会の実現に向けて取り組みが進められています。