新着記事

環境問題に関すること

生物多様性版スターン報告:自然資本を解き明かす

生物多様性版スターン報告自然資本を解き明かすは、生物多様性の喪失を防ぎ、回復させるための経済的理由と政策的選択肢を検証するために、英国政府が依頼した報告書です。 報告書は、生態系サービス(すなわち、人間が生態系から得る恩恵)が、経済活動と人々の生活の基盤であることを強調しています。生態系サービスには、食料、水、エネルギー、気候調整、洪水制御、土壌肥沃化、病害虫制御、受粉、レクリエーション、美しさなどがあります。 これらのサービスは、毎年世界経済に数十兆ドルの価値を生み出しています。しかし、それにもかかわらず、人間の活動によって、生態系と生態系サービスは急速に劣化しています。 報告書は、生態系サービスの経済的価値を認識し、その価値を経済的意思決定に反映させることの重要性を主張しています。これにより、企業や政府が持続可能な開発の決定を下すことができ、生物多様性の喪失をくい止めることができます。具体的には、次のことを提案しています。 生態系サービスの価値を測定し、報告する方法を開発する。 生態系サービスを保護するために、政策と規制を整備する。 生態系サービスを保護するために、企業や個人にインセンティブを提供する。 生態系サービスの回復と保護のための投資を増やす。 生物多様性版スターン報告は、生物多様性の喪失を防ぎ、回復させるために、経済的理由と政策的選択肢を検証した画期的な報告書です。報告書の勧告が実施されれば、生物多様性の喪失をくい止めることができ、地球の将来の世代のための健全な環境を確保することができます。
制度に関すること

廃棄物処理法とは?定義や処理責任、方法などを解説

廃棄物処理法とは、廃棄物の適正な処理及び処分に関する基本理念を定め、廃棄物の適正な処理及び処分を推進するための施策を総合的に講ずることを目的とする法律です。この法律は、1970年(昭和45年)に制定され、その後、数次にわたって改正されています。 廃棄物処理法では、廃棄物を「不要になったもの」と定義しており、産業廃棄物、一般廃棄物、建設廃棄物の3種類に分類しています。産業廃棄物は、事業活動に伴って排出される廃棄物であり、一般廃棄物は、家庭やオフィスなどから排出される廃棄物です。建設廃棄物は、建設工事などに伴って排出される廃棄物です。 廃棄物処理法では、廃棄物の排出事業者や所有者には、廃棄物を適正に処理する責任があることを定めています。また、廃棄物の適正な処理を推進するため、国や地方公共団体は、廃棄物処理施設の整備や廃棄物のリサイクルに関する施策を実施しています。
リサイクルに関すること

資源有効利用促進法とは?

資源有効利用促進法とは、日本の法律であり、資源の有効利用を促進し、循環型社会を形成することを目的としています。この法律は、2000年(平成12年)に施行されました。資源有効利用促進法では、事業者に対して、資源の有効利用に関する基本方針の策定、資源の有効利用に関する計画の策定、資源の有効利用に関する措置の実施が義務付けられています。また、国民に対して、資源の有効利用に関する普及啓発活動の実施が義務付けられています。資源有効利用促進法に基づき、国は、資源の有効利用に関する基本方針を策定し、資源の有効利用に関する計画を策定し、資源の有効利用に関する措置を実施しています。また、地方公共団体は、資源の有効利用に関する条例を制定し、資源の有効利用に関する計画を策定し、資源の有効利用に関する措置を実施しています。
組織・団体に関すること

日中友好環境保全センターとは?設立の経緯や役割を紹介

日中友好環境保全センターとは、1994年に設立された、中国と日本の環境保全に関する協力を促進するための機関です。中国の北京市と日本の東京都に事務所を置き、両国の政府や企業、研究機関などとの連携を図りながら、環境保全に関する研究や調査、技術協力などを行っています。 センターの主な目的は、両国の環境保全に関する情報を交換し、共同研究や技術協力を通じて環境保全に関する課題を解決することです。また、環境保全に関する人材育成にも力を入れており、環境保全に関する研修やワークショップなどを開催しています。 センターの設立は、1992年に開催された「地球サミット」を契機として、中国と日本の両政府が環境保全に関する協力の重要性について認識を深めたことによります。そして、1994年に日中両国の政府間協定に基づいて設立されました。